スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間&車の超耐久ドライブ

5月最後の月曜日はMemorial Day(メモリアル・デー)で祝日。
週末と合わせて3連休。
こーゆー場合、金曜から活動開始!となります。

昨日のうちから荷物を車に積み込んで準備万端。
8耐なんて言葉があるけど(今もあるよね、え?年齢がバレル?)、
今回はそんなもんじゃぁありませんで、かなりの超耐久ドライブです。
二人とも体調も万全に整えました。
(でも、寝坊しました・・・汗)

さて、どこに行くと思います?
観光地として有名です、アメリカ国内外ともに。
でも、その場所は有名でも、地名はそうでもないかも。

では行ってきま~す♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

西へのドライブ:サウスダコタ旅行記①

今回の超耐久ドライブは、シカゴのあるイリノイ州から西へ、
South Dakota(SD;サウスダコタ)州へ向かった。

高速道路に乗ってからは車に装備されてるCruise Control機能のおかげで、
アクセルは踏んでなくても一定速度で走ってくれる。超便利♪

ドライブの前半は、道のすぐ脇に岩山や高木があったり、

s-P5280005.jpg

風車が沢山の村を突っ切ったり、色んな景色が楽しめた。

s-P5280016.jpg

が、後半、今回走ったI-90の周辺はひたすら変わり映えしない景色。

s-P5280072.jpg

しかも道はひたすらまっすぐ~。。。

s-P5280038.jpg

たまに放牧が見えると、「あ!牛だ」「馬だ」と妙に反応したりして。

s-P5280030.jpg

こんな状況で時速75マイル(120km)でひたすら走り続け。。。

s-P5280073.jpg


宿泊地のRapid cityに着いたのは、夜の7時半。
朝5時半に出て、時差が1時間あるので、15時間!
(途中、ガソリン補給2回、休憩5回くらいしたかな)
この日の走行距離890マイル(1430km)!!

もちろん、これだけで丸々1日仕事となるのは想定内だったので、
とにかく無事に着けたということに、大安堵。

夫さん、お疲れさま~☆

夜は熟睡どころか、バタンキューの爆睡でした(笑)


View Larger Map
(左上の「-」をクリックするとアメリカ全体が見えてきて、位置関係がわかり易いかも)


おまけ)
 長時間のドライブに備えておにぎり持参。大量に25~26個は仕込んだ。

s-P5280023.jpg

 左の色が着いたお米は、黒米と炊いた玄米。ヘルシー嗜好です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

岩山の大統領:サウスダコタ旅行記②

今回の旅行の大きな目的の1つが、
Mt. Rushmore National Memorial
(マウントラシュモア・ナショナル・メモリアル)

s-IMG_0105.jpg

(詳しくは→こちら:Wikipedia、こちら:国立公園サイト)

アメリカの成立、発展、開発を記念する国指定の記念碑。

Rapid Cityのホテルから25マイル、車で40分。
山の中をドライブしていると、彼方の山の上に見えてきます。

s-P5300365.jpg

名前は知らなくても、「これのことね~!」と思うはず。

s-IMG_0118.jpg

s-IMG_0119.jpg

向かって左から、
ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルト、エイブラハム・リンカーン
アメリカを代表する4人の大統領。
注)ルーズベルトはよーく見てみて。メガネもかけてます(笑)。

この周辺は公園になっていて、ビジターセンター、博物館、トレイルもある。

s-IMG_0109.jpg

s-IMG_0112.jpg

s-IMG_0117.jpg


ここまでは朝の写真。
この山は東に面しているので、朝日の中のほうが陰影が出て良いそう。

夜はライトアップもされてるそうで、
初日の超耐久ドライブ後、もうひとがんばりしてもらって行ってみた。
(結局初日の走行距離は、945マイル=1520km!

ライトアップ前。

s-P5280138.jpg

Grand View Terraceから見下ろせるステージで何か映像が始まった。
アメリカの歴史、この4人の大統領の功績をまとめたもの。
これが終わってからライトアップとなるみたいで、ボーっと眺めながら待つこと30分。
最後に国歌が流れて、観客は起立して合唱(スポーツ以外でこの光景は初めてかも)。
いよいよライトアップ。

s-P5280140.jpg

s-P5280147.jpg

おぉー!なかなか重厚な雰囲気。

この4人はアメリカの成立、発展、開発に特に貢献した大統領といわれてます。
向かって左から、
George Washington(ジョージ・ワシントン): 初代大統領、建国の父。
Thomas Jefferson(トーマス・ジェファーソン): 第3代大統領、アメリカ独立宣言草案者の1人、フランスからルイジアナを買収し国土を大幅に拡張。
Theodore D.Roosevelt(セオドア・ルーズベルト): 第26代大統領、パナマ運河を建設しアメリカ経済を活性化。
※ニックネームはTeddy(テディ)・・・テディベアの由来となった人物です。
Abraham Lincoln(エイブラハム・リンカーン): 第16代大統領、南北戦争を経て自由と人権をもたらす。

さくら菜的に、セオドア・ルーズベルトがどーもピンと来ません。。。

ここは駐車料金として車1台$10かかりますが、
それ以外の入場料は一切かかりませんでした。
しかもこのパーキングチケット、この車限りの(ナンバープレートの一部が記録されてる)年間パスになっていて、今年の年末まで何回でも使えます。

s-P6040514.jpg

旅行期間中この1枚で、夜と朝と2回使えました。

おまけ) 超耐久ドライブ中に寄った休憩所でもらったピンバッジ。
 いい記念品になりました☆

s-P6010014.jpg


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

悪魔の岩山:サウスダコタ旅行記③

もう一つの大きな目的地は、すぐ隣のWyoming(ワイオミング)州までちょっと足を延ばし、
Devils Tower(デビルスタワー)へ。
(詳しくは→こちら:Wikipedia、こちら:国立公園サイト)
 ※ 入場料は車1台$10(1週間有効)。

s-20100529DevilsTower (1)

何とも奇妙な形の岩山が、平地に突如現れてる感じ。

スティーブン・スピルバーグ監督の映画「未知との遭遇」を観た人は見覚えがあるかもね。

すぐ麓に一周できるトレイルがあって、2km程なので歩いてみた。
間近で見るとこんな感じ。ものすごいせり立ってる。

s-20100529DevilsTower (2)

s-20100529DevilsTower (3)

見る角度で表情も色々。

よーく見ると・・・

s-20100529DevilsTower (4)

s-20100529DevilsTower (5)

人がいるのわかります?

この日だけでも4~5組がチャレンジしてました。
こんな急な岩山、登れたとしても降りるのが・・・
考えただけでもお尻がムズムズする!(((p(><)q)))

トレイルから戻ってVisiter Centerからの景色。

s-20100529DevilsTower (6)

ここからの眺めが一番キレイだったな☆

おまけ)
 この公園内にはPrairie Dog(プレーリードッグ)が沢山住んでるエリアがあります。
 もちろん、エサはやっちゃいけません。

s-20100529DevilsTower (8)

s-20100529DevilsTower (7)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

界隈の穴場:サウスダコタ旅行記④

タイトルに騙されちゃった人がいるかもしれない。
先に謝っときます、ごめんなさい <(_ _)> ペコ

今回の旅行の大きな目的以外にも、界隈には幾つも国立レベルの見所がありました。
Cave(洞窟)もその1つ。⇒ かなり夫さんの趣味の傾向強し。

まずは、Jewel Cave(ジュエルケーブ)
(詳しくは→こちら:Wikipedia、こちら:国立公園サイト)

全長150マイル(240km)にもなる、世界で二番目に長い洞窟

s-20100529JewelCave (2)


名前のとおり、Jewel(宝石)のような石が、、、のはずだったんですが、
一番シンプルなDiscovery Tour(@$4、20分)に参加したところ、

s-20100529JewelCave (3)

とてもそんな宝石のような石が見られる所までは入れませんでした。

s-20100529JewelCave (4)


もっとアドベンチャーなツアーにすればよかったのかな???
ちょっと・・・というより、かなり残念。

気を取り直して、Wind Cave(ウィンドケーブ)へ。
(詳しくは→こちら:Wikipedia、こちら:国立公園サイト)

洞窟としては、世界で初めて国立公園に指定された洞窟なんだそう。
今度は思い切って一番長いFairgrounds Tour(@$9、1時間半)にしてみた。

s-20100530WindCave (2)


この洞窟、結構狭くて上り下りも頻繁。かなり複雑そう。

s-20100530WindCave (3)


ここの特徴は、ボックスワークという岩表面の構造。

s-20100530WindCave (4)

薄板のチョコレートのような、クモの巣のような、コウモリの集団のような。。。
写真ではほんの一部分ですが、目の前にこれが広がると結構圧巻です。

これだけじゃなく、白い鍾乳石も見ることができます。

s-20100530WindCave (5)


ここは結構複雑な洞窟内を歩き回ることができたので満足満足♪
あっという間の1時間半でした。

以上、穴場、でした。(^ ^;)ゞ

おまけ)
 色んな意味で写真で洞窟の特徴を記録するのが難しかったので、パンフを拝借。

s-20100529JewelCave (1)

s-20100530WindCave (1)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

国立公園以外の色々:サウスダコタ旅行記⑤

行きのドライブ中からここまで、
国立公園以外にもチョコチョコとこんな所にも寄ってみた。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Wall Drug(ウォール・ドラッグ)(→こちら
I-90を走っていると頻繁に、しかも色んなデザインの看板をみかける。

s-20100528WallDrug (1) s-20100528WallDrug (2)
s-20100528WallDrug (3) s-20100528WallDrug (4)
s-20100528WallDrug (5) s-20100528WallDrug (6)

この辺では名物の巨大ドラックストアらしい。

Wall(ウォール)という小さい街にあるんだけど、
暑い乾いた土地を延々とドライブする人達に、
無料で冷たい水を提供するようになって急速に発展。
今や、そのお店はウォールの街の半分を占めてしまう。

s-20100528WallDrug (7)

ドラッグストアと言っても、お土産物やカフェが立ち並ぶショッピングセンターって感じ。

s-20100528WallDrug (9)

冷たいお水は今でも無料でいただけます。

s-20100528WallDrug (8)


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Crazy Horse(クレイジー・ホース)
(→こちら:Wikipedia、こちら:サイト)

ここは、マウントラシュモア(旅行記は→こちら)と対で紹介されることが多い。

このあたり(Black Hills)は古くはインディアンと侵略する白人の対立がシビアな土地。
マウントラシュモアに対抗して、それよりも大きなインディアンの英雄の像を!
と創り始められたのがこのクレイジー・ホースだそう。

s-20100529CrazyHorse (1)

見てのとおりまだ未完成。完成像のミニチュアがこちら。

s-20100529CrazyHorse (2)

完成すれば世界最大の彫刻になるんだそうだ。
まだまだ先は長そう・・・というより、
今やインディアン側でも異論が多いというから、どうなんだろう。

そんな中でも、さくら菜達が訪れた2日後、
馬の頭部の彫像のためのダイナマイトが仕掛けられたそう。。。

s-20100529CrazyHorse (4) s-20100529CrazyHorse (3)
(2010年5月31日の地元紙より)

こちら、一人$10で、インディアンミュージアムにもなっています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Mammoth Site(マンモス遺跡)(→こちら
国立公園が点在するBlack Hills(ブラック・ヒルズ)エリアから、
ちょっと南下した所にあるHot Springs(ホットスプリングス)という街に、巨大なマンモスの遺跡があるというので行ってみた。

s-20100530MammothSite (1)

26000年前の氷河期、湧き出ていたHot springs(温泉)に喉の渇きを癒しに来たマンモスが、その池の深みにはまってしまったという。
そんなマンモスの化石が現在までに55体、集中して見つかったのがここ。
発掘現場がそのままミュージアムとして公開されてます。

s-20100530MammothSite (3)

一人$8で、見学ツアーは約30分。
小さいミュージアムですが、見ごたえはありますヨ☆

s-20100530MammothSite (2)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

大平原に突然の荒野:サウスダコタ旅行記⑥

行きのドライブ中、向こうのほうに見えたギザギザの岩山!

s-20100530Badlands (1)

旅の後半に行ってみようと思ってるバッドランズかも!?
ついでに行くつもりが、平原の彼方に突如見えた荒れた山に、早くも興奮気味☆

今回の旅行の最後に訪れたBadlands National Park
(バッドランズ国立公園)

(詳しくは→こちら:Wikipedia、こちら:国立公園サイト)

入場料、車1台$15を払って、観光用の舗装道路を行く。
着いた高台(Pinnacles Overlook)でこの景色!

s-20100530Badlands (2)

「うぁーー!☆※$#?*@&¥!」
・・・夫さん、もう何言ってるかわからない超興奮状態。

s-20100530Badlands (3)

ことあるごとに車を停めて景色を満喫。

s-20100530Badlands (4)

ルート中のビューポイントは全てと言っていいほど停まったかも。

s-20100530Badlands (5)

トレイルをする時間が無かったのがちょっと残念だけど、

s-20100530Badlands (6)

30マイルほどを3時間かけてたっぷり。

s-20100530Badlands (7)

去年のグランドサークル(→こちら)以来かも、この自然美。

s-20100530Badlands (8)

やっぱり自然に敵う美しさと感動は無い!と改めて実感。

s-20100530Badlands (9)

ついでの目的地でありながら、今回の旅行で一番興奮&感動したバッドランズ

s-20100530Badlands (10)


マウントラシュモア(→こちら)やデビルスタワー(→こちら)に行く機会があったら、
絶対ここもルートに入れて欲しいナ☆

おまけ) うさぎに遭遇。しかも子うさぎ!きゃわいぃ~♪

s-20100530Badlands (11)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

国立公園の動物:サウスダコタ旅行記⑦

国立公園といえば、野生(保護)動物がたくさんいる。
実は自宅近辺でもリス、アライグマ、スカンク、シカ、ウサギは珍しく無いんだけど、
ここは動物の種類やサイズ、野性味(?!)が違う!

Devils Tower National Monument(デビルスタワー国立記念碑)(→こちら
公園内に入るとすぐにPrairie Dog Townなる原っぱがあって(この標識が目印)、

s-20100529DevilsTower (7)

かわいいPrairie Dog(プレーリードッグ)が☆

s-20100529DevilsTower (8)

実は・・・たくさん?!

s-20100529DevilsTower (9)



Wind Cave National Park(ウィンドケーブ国立公園)(→こちら
ウィンドケーブを擁する国立公園。
広い草原に牛さんがいっぱい~☆

s-20100530WindCavePark (1)

と思ったら、でかいBuffalo(バッファロー:American Bison)の群れ・・・

s-20100530WindCavePark (2)

家族連れで堂々と道路横断です。
車は停まって待つしかないです。。。動物優先。

Pronghorn(プロングホーン):カモシカの1種・・・で合ってる?

s-20100530WindCavePark (3)

s-20100530WindCavePark (4)


Custer State Park(カスター州立公園)
(詳しくは→こちら:Wikipedia、こちら:SDのサイト)
ここでもバッファロー・・・

s-20100530CusterPark (1)

しかも駐車場の中でお食事中(汗)

s-20100530CusterPark (2)

この公園では毎年1回、バッファローのRoundupのイベントがあるほど(今年はSep.27)。

Bighorn sheep(ビッグホーン)

s-20100530CusterPark (3)

いつぞやどこかでお会いしましたね?(→こちら

Badlands National Park(バッドランズ国立公園)(→こちら
前回の記事でもお目見えしたウサギはDesert Cottontail

s-20100530Badlands (11)
(自宅周辺に現れる子も同じかも)


他にも頭の赤い鳥や大空を悠々と飛ぶ大型の鳥にも出会えたんですが、
写真に収められたのはこんなところ。
公園のパンフやネイチャーガイドによると、
もっともっと色んな野生(保護)動物がいるようです。

s-NatureGuide01.jpg
(バッドランズのネイチャーガイド)


おまけ)
 Buffaloとは、本来インド・アフリカ産の水牛、野牛を指します。
 この記事の牛さんは本来はBison(バイソン)という種類。
 アメリカ開拓時代に入植者たちによってBuffaloとmisnameされてしまったんだとか?
 よって、アメリカでBuffaloと言ったら、Bisonの形態をしている牛を指します。
 やーやーこーしーや~♪
 ・・・どっちでもいい?そうだよね。。。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

旅行中のイロイロ:サウスダコタ旅行記⑧

レトロなガソリンスタンド
今回はひたすらドライブだったので、4日間でガソリンを入れること・・・計6回。
1ヶ所、ちょっと怪しいスタンドへ入るハメに。

s-20100530Gas (1)

看板は「GAS」とだけ。どこのブランドかも全く不明。。。
しかも・・・クレジットカードの挿し込み口が無い!

s-20100530Gas (2)

とにかくガソリンを入れて、お店のカウンターで清算するシステム。
昔はどこもこんなだったんだろうけど、
さくら菜家がアメリカに来て初めてです。

グルメ
今回の旅行で唯一の外食は、T.G.I FRiDAY'Sで。
アメリカではどこにでもあるファミレスです。
夫さんは肉!さくら菜はサラダをモリモリといただきました。

s-20100529Fridays (1)
s-20100529Fridays (2)

なぜ4日間の旅行で外食が1回だけかというと。
アメリカは日本ほどその土地独自のグルメにバラエティーがなく、
旅先でアメ食ばかりだと疲れてしまうので、
今回は手軽に食べられるもの、食べ慣れたものを持参したわけ。
(炊飯器を持参してドライブ旅行する日本人ご家族もいるんですよ)
あとはホテルの朝食と、足りないものは地元のスーパーでちょっと買い足したりして。

だいぶアメリカの旅慣れてきたね。

アクシデント!!!
とうとう、頂戴してしまいました、チケット・・・。

s-20100529Speed (1)

とは言っても「警告」のようなので、罰金とか講習とかいう話ではないらしい(今のところ)。

行程途中ちょいと急ぐシーンがあって、気づいたら後ろにポリスの車が。。。
ポリス曰く「時速55マイルのところを65~7出てた」そうです。
夫さん、初のお咎めで大ショック!
でも警告でまだよかった。傷は浅いカナ。

ここが現場です(これだけじゃわからんか:笑)。

s-20100529Speed (2)


===============
今回でサウスダコタ旅行記は全て終了~。
帰宅時の車のメーター、2380マイル(3830km)
夫さんも車も、大変お疲れ様でした。

相変わらず長い旅行記に最後までお付き合いいただき、
ありがとうございました。
(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー!

おまけ) 全行程はこんな感じ。


View Larger Map


B; Wall Drug Store
C; Rapid City(1・2泊目)
D; Mt Rushmore
E; Devils Tower
F; Jewel Cave
G; Crazy Horse
H; Wind Cave
I; Mammoth Site
J; Custer State Park
K; Badlands
L; Oacoma, SD(3泊目)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

最新の記事
ブログ内の検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新のコメント
最新のトラックバック
カテゴリ
プロフィール

さくら菜(Sakurana)

Author:さくら菜(Sakurana)
2009年3月からシカゴ住まい。
初めての海外住まい、初めての専業主婦業、初めてづくしの毎日です。
Photo:夫さん
2008年5月からシカゴに生息。コンデジで写真撮りの日々。

ブロともの申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
シカゴの時刻と天気
Click for Chicago, Illinois Forecast Click for Chicago, Illinois Forecast
東京の時刻と天気
Click for Tokyo, Japan Forecast Click for Tokyo, Japan Forecast
FC2ブックマーク
お気に入りへの登録
メールフォーム
何でもお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。