スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南へのドライブ:ケンタッキー・ミズーリ旅行記(1)

ようやく重い腰を上げて、7月の独立記念日ホリデーの旅行記。

=================

今回のドライブは、シカゴ郊外から南下

インディアナ州へ入り、

s-20100702DriveToCaveCity (1)

しばらくすると風力発電の風車

s-20100702DriveToCaveCity (2)

今までのドライブでもよく見かけた光景なんだけど、
このエリアは特に風車が多い!
しかも道路のすぐ近くに建ってるので、その大きさを実感。

その後、インディアナポリスを通過し、

s-20100702DriveToCaveCity (3)


目的地ケンタッキー州のCave Cityに着いたのが、
出発から約7時間半後の夜10時。。。
(途中、渋滞にも掛かっちゃったし)

翌日のアドベンチャーに備えて、
夕食は持参のもの(もちろんおにぎりも)で軽く済ませて就寝。

おまけ)
 翌日、ケンタッキーにいるうちに、KFCへ。

s-20100703KFC@KY (1)

 さすがケンタッキー!

s-20100703KFC@KY (2)

 ・・・と言いたいとこだけど、他と同じ。
 (気のせいか、ジューシーさが物足りないような・・・)

s-20100703KFC@KY (3)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

世界最長の洞窟:ケンタッキー・ミズーリ旅行記(2)

今回の旅行の一番のターゲット、Mammoth Cave Nationarl Park(マンモス・ケーブ国立公園)
(HP→こちら)(Wikipedia→こちら

s-20100703MammothCave (1)

世界で最も長い洞窟郡で367マイル(591km)以上、世界遺産にもなっている。

s-20100703MammothCave (2)


色んなツアーがあるんだけど、人気のツアーは早い時期から予約いっぱい。
で、さくら菜家は、Introduction to Cavingというツアーに参加してみることに。

このツアーは、靴は山用のしっかりしたものというのが条件。
なので、こんな靴はがっちり、服は軽装、でバスに乗り込む。

s-20100703MammothCave (3)

実はバスで最初に行った先が仕度小屋で、ここでツアーに必要な装備を全て貸してくれる。
その結果がコレ。

s-20100703MammothCave (4)

メットにライト、つなぎに軍手、つなぎの下には膝パットまで。
ガイドのお姉さんの説明を聞いて、全員簡単に自己紹介して、出発。

s-20100703MammothCave (5)


一般の見学ツアーを横目に、洞窟内の隙間を縫うように進む。

s-20100703MammothCave (6)

s-20100703MammothCave (7)


もちろん普通に立って歩けるところばかりでなく、
這ったり、よじ登ったり、岩肌を滑り降りたり。
灯りは自分たちのヘッドライトだけ。

s-20100703MammothCave (8)

約2時間、こんな調子。
洞窟の中とはいえ、結構汗だく、泥だらけに。

仕上がり図。

s-20100703MammothCave (9)

二人ともドロドロなわりに、実は顔はご機嫌さん(笑)

記念にこんなバンダナをもらった。

s-20100703MammothCave (10)

へぇ~こんなにあるんだ~全部行ってみたい?!(笑)

おまけ) この公園エリアで会った野生動物。

s-20100703MammothCave (11)
s-20100703MammothCave (12)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

ダイア級の洞窟:ケンタッキー・ミズーリ旅行記(3)

Mammoth Caveで洞窟探検もどきに夢中になった後(→こちら)、
も一つ、ゆっくり鑑賞するほうで楽しもうか、ということで、
すぐ近くにあったDiamond Cavernsへ(Webは→こちら

s-20100703DiamondCaverns (1)

ここは普通の見学ツアーだけ。
その時間まで、ロビーでゆっくり休憩。。。

s-20100703DiamondCaverns (2)


1時間ほどのツアーだったんだけど、
入ってすぐキレイな鍾乳石が洞内いっぱい!

s-20100703DiamondCaverns (3)

とにかくビューテフォーで見ごたえある洞窟。
(今までの洞窟経験で、美しさでベストかも)

s-20100703DiamondCaverns (4)

ダイアモンドと名づけるのも納得☆

s-20100703DiamondCaverns (5) s-20100703DiamondCaverns (6)


さて、丸一日洞窟を堪能した後は、次の目的地へ5時間のドライブ。。。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

車代わりの馬車:ケンタッキー・ミズーリ旅行記(4)

洞窟エリアを後にして2時間近く走った頃、急に車が詰まった。
大きい街に近いわけでもなし、すごく田舎な交通量の少ない道なのに。。。
と、前方を確かめたら 「!!!」

s-20100703Amish (1)


Amish(アーミッシュ)だった(Wikipedia→こちら)。

アーミッシュとは、キリスト教と共同体に忠実である厳格な規則のある派で、一般市民とは離れて暮らす。移民当時の生活様式を守るため現代の技術による機器を生活に導入することをこばみ、農耕や牧畜を行い自給自足の生活を営む。教育も全て自分たちで行う。自分たちの信仰生活に反すると判断した新しい技術・製品・考え方は拒否。一部では観光客向け商品(畜産物やクラフト製品:キルト、家具が有名)の販売などが行われていて、その質と評判はいい。ちょっと高いけど。
映画「目撃者(Witness)」(主演ハリソン・フォード)でその生活様式がよくわかる。


さくら菜、興奮状態マックス(笑)

実はこの5分ほど前、車のかなり前方を横切るチャリ数台。
「おいおい、こんなとこで自転車~?危ないなぁ・・・」
と思いながらよく見たらアーミッシュ的!(=「大草原の小さな家」的な服装)
既にやや興奮状態にあった。

馬車のアーミッシュは初めてで、こっそり写真を撮らせてもらった。

s-20100703Amish (2)

近くにアーミッシュのビレッジがあるんだろう。

この渋滞に引っかかってから約10分。
ようやく道の脇によけてくれた。→渋滞解消~☆

しかし、馬車だからね、馬くんが引いてるわけだけど、
ウ○コをそのまま垂れ流しってどーよ?!

補足)
 今までも何度かシカゴのダウンタウンの駅近くで出会ったことはあったけど、
 (勿論住んでるのではなくて、遊びに来てる雰囲気)
 さすがに面と向かって写真は撮れなかった。

おまけ) 次の目的地近くでキャッチした夕陽。

s-20100703Sunset.jpg


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

思い出のケープジラード:ケンタッキー・ミズーリ旅行記(5)

ミズーリ州の小さな街、
Cape Girardeau(ケープ・ジラード)

この街の大学Southeast Missouri State University(通称SEMO)に、
かつて夫さんは数ヶ月の語学留学をしたことがある。

s-20100704SEMO (1)


その懐かしの学校に寄ってみた。
夫さんは卒業後、今回が初めての再訪問。
夏休みの最中だったので、学内は人けもなく静か。

s-20100704SEMO (2)

散歩しながら、夫さんの思い出話が止まらない(笑)

s-20100704SEMO (3) s-20100704SEMO (4)
s-20100704SEMO (5) s-20100704SEMO (6)
s-20100704SEMO (7) s-20100704SEMO (8)

最初にオリエンテーションした場所、クラスのあった場所、
休憩場所、アメフトチームの名前のカフェ、散歩した場所、ステイしたお家、など。

ケープ・ジラードのダウンタウンにも行ってみた。

s-20100704CG (1)

当時よりだいぶ寂れてしまってるらしい。
まだ新しそうな色鮮やかなWall Paintが対照的。

s-20100704CG (2) s-20100704CG (3)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

本場のバド:ケンタッキー・ミズーリ旅行記(6)

ケープジラードから2時間北上し、St.Louis(セントルイス)へ。

ここはまず何と言っても一番のポイントは(さくら菜的に)、
ビール、Budweiser(バドワイザー)の本拠地だということ。
(Webは→こちら
Budweiserって、これがそのまま社名かと思ったら、
Anheuser-Busch Companies, Inc.(アンハイザー・ブッシュ)というらしい。

s-20100704BudTour (1)

本社・工場があるなら、行かなきゃでしょ、Brewery Tour♪

入ってすぐ、売店やバド関連の展示が色々あって、
ツアーを待つ時間も全く飽きずに過ごせる。

s-20100704BudTour (2)


30分ほどブラブラした後、ツアーへ。

s-20100704BudTour (3)


かつて馬車でバドを運んでいた種類の馬、キレイな毛並み。

s-20100704BudTour (4)


こんな荷車だったそう。

s-20100704BudTour (5)


タンクや充填の様子。

s-20100704BudTour (6)

s-20100704BudTour (7) s-20100704BudTour (8)


1時間半近い、たっぷり見ごたえのあるツアー。

s-20100704BudTour (9)


その後はお楽しみのビールの試飲♪

s-20100704BudTour (10)

試飲と言っても、好きなビールを好きなだけ飲めちゃう♪
やっぱり工場で飲むビールは美味しい~☆

で、手ぶらで帰るのも何なので、売店で6種類のビールをゲット。

s-20100704BudTour (11)


おまけ)
 前日、ケープジェラードのスーパーで見つけたバド、赤地のデザイン。
 いつも飲んでるのと違って味が濃い!美味しい!
 シカゴ界隈で売ってないの?!

s-20100703BudRedCan (1)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

西部開拓のメモリアル:ケンタッキー・ミズーリ旅行記(7)

7月4日はアメリカの独立記念日。
アメリカ中、どこへ行っても打ち上げ花火で祝う。
今年のこの日はセントルイス。
日が暮れるのを待って向かったのは、Gateway Arch
(Webは→こちら

s-20100705GatewayArch (2)


このアーチを含めたJefferson National Expansion Memorial(ジェファーソン・ナショナル・エクスパンション・メモリアル)は、1800年代の西部開拓時代を記念して1965年に設立。(Wikipedia→こちら

夜の幻想的なアーチと花火。

s-20100704Fireworks (1)
s-20100704Fireworks (2) s-20100704Fireworks (3)
s-20100704Fireworks (4)


補足)
 セントルイスへ行こうとしている人は調べてご存知と思うけど、
 セントルイスと隣りのイーストセントルイスは全米有数の犯罪都市なので要注意。
 (雰囲気だけでもガラが悪い感あり。特に夜。。。)


翌日の昼間のアーチ。なかなかビューテホー。

s-20100705GatewayArch (1)

このアーチの下には博物館があったり、

s-20100705GatewayArch (3)

トラム乗り場があったりする。

s-20100705GatewayArch (4)

そう、これに乗ってアーチのてっぺんまで登る。

ここがてっぺん、高さ630フィート(192m)

s-20100705GatewayArch (5)

狭い窓からこんな風に外を見るんだけど、真下を見ると、、、

s-20100705GatewayArch (6)

ク、クラクラする・・・(汗)

このアーチ、断面は三角なんだ。

s-20100705GatewayArch (7)

この中をトラムで上ってきたとはとても想像できない構造。

ミシシッピ川は前日の雨でかなり増水。

s-20100705GatewayArch (8)


でもいい眺め☆
(画面右の建物は旧裁判所)

s-20100705GatewayArch (9)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

独立記念日ホリデーのまとめ:ケンタッキー・ミズーリ旅行記(8)

今回のドライブ旅行は、セントルイスを最後に帰路へ。

s-20100705GatewayArch (10)

3連休と半日と短かったけど、内容は結構充実した独立記念日ホリデー

s-20100705GatewayArch (11)

比較的近いのでいつでも行ける、と後回しになってた場所を一気に回れたかな。

B:マンモスケーブ、ダイアモンドケーブ
C:アーミッシュ目撃
D:ケープジラード
E:セントルイス


View Larger Map


おまけ) ポールが無くてもクレーンで国旗。

s-20100705Flag (1)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

最新の記事
ブログ内の検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新のコメント
最新のトラックバック
カテゴリ
プロフィール

さくら菜(Sakurana)

Author:さくら菜(Sakurana)
2009年3月からシカゴ住まい。
初めての海外住まい、初めての専業主婦業、初めてづくしの毎日です。
Photo:夫さん
2008年5月からシカゴに生息。コンデジで写真撮りの日々。

ブロともの申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
シカゴの時刻と天気
Click for Chicago, Illinois Forecast Click for Chicago, Illinois Forecast
東京の時刻と天気
Click for Tokyo, Japan Forecast Click for Tokyo, Japan Forecast
FC2ブックマーク
お気に入りへの登録
メールフォーム
何でもお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。