スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンタウンの音楽鑑賞

シカゴで音楽鑑賞といったら、以前、野外音楽祭ラビニアで楽しみましたが、
(1回め→ランラン 2回め→ヨーヨー・マ
今回はダウンタウンの本格的なステージでの演奏を聞きに行ってきました。

場所は、Symphony Center(シンフォニーセンター)!
ここは、世界的にも有名で全米一の実力を持つ、
Chicago Symphony Ohchestra(シカゴ交響楽団)の本拠地です。

シカゴ美術館の斜め前にあります。
写真じゃちょっと判り難いんですが、赤レンガ造りでとてもシックなんですヨ♪

s-PA251232.jpg


話はそれますが、シンフォニーセンターの真ん前にあるシカゴ美術館の庭園。
思いっきりステキな秋景色♪

s-PA251226.jpg

郊外のと同じ時期です)

話はもどって。

建物の中はあまり華やかではありませんが、シックな造りでとっても落ち着く雰囲気♪

s-PA251239.jpg

s-PA251245.jpg

s-PA251242.jpg


今回の演奏は、ピアノ。
Garrick Ohlsson(ギャリック・オールソン)というNY出身のピアニスト。
1970年にショパン国際ピアノコンクールで優勝したほどの人物です。

曲は、
 Beethoven Piano Sonata No.13 in E-flat Major, Op.27, No.1
  (ベートーヴェンのピアノソナタ第13番変ホ長調作品27の1)
 Liszt Piano Sonata in B Minor
  (リストのピアノソナタロ短調)
 Chopin Twenty-four Preludes, Op.28
  (ショパンの24の前奏曲作品28)

ショパンの24の前奏曲はすごかったです!
24曲もの長さを長調と短調が交互に。。。

私たちの席(3階でステージ正面)からは指の動きがよーく見えたのですが、
魔法掛かってるかのような、溜息ものでしたわ。。。

ピアノの演奏を聞いていると必ず思うこと、、、
あんな風に弾いてみたい。。。もっとピアノ続ければよかった。。。と。
α~ (ー.ー") ンーー

曲が終了と同時に、盛大な拍手とスタンディングオベーション!
オールソン氏は、とっても親しみのある笑顔でそれに応え、
リクエストに3曲もまた聞かせてくれたのでした。

(建物内にあったビッグなバイオリン)

s-PA251246.jpg


余韻にひたりながら会場を出たのは夕方5時半。
最近は夕暮れも早くなってきたので、街にはもう街灯が。
冬が近いな~って感じがしちゃいます。

s-PA251253.jpg



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

最新の記事
ブログ内の検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2009年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最新のコメント
最新のトラックバック
カテゴリ
プロフィール

さくら菜(Sakurana)

Author:さくら菜(Sakurana)
2009年3月からシカゴ住まい。
初めての海外住まい、初めての専業主婦業、初めてづくしの毎日です。
Photo:夫さん
2008年5月からシカゴに生息。コンデジで写真撮りの日々。

ブロともの申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
シカゴの時刻と天気
Click for Chicago, Illinois Forecast Click for Chicago, Illinois Forecast
東京の時刻と天気
Click for Tokyo, Japan Forecast Click for Tokyo, Japan Forecast
FC2ブックマーク
お気に入りへの登録
メールフォーム
何でもお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。