スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気にのドリンク

これまであまり書いたことありませんが、実はあたくしさくら菜は、
大のビール党~♪

アメリカに来て最初に夫さんが連れてってくれたドライブ先が、ビール工場、というほど。
(その時の記事は→こちら

アメリカに来て一番嬉しかったのは、
日本に比べて酒税が低いので、だいぶお安くビールが飲めちゃう♪ってことかな。
銘柄もメチャクチャたくさんあります。
全銘柄制覇!という夢もあの頃はありましたが・・・無理((( T_T)トボトボ
中でもお安くて無難なバドワイザー、ミラーに落ち着き始めた頃、英会話の先生に、
「ビール好きならコレを試してみて!」と進められたのが、
Goose Island(グースアイランド)!
ミルウォーキーのミラー、セントルイスのバド・・・と南北からビール名産地に押されて気が付きませんでしたが、あったんですね~シカゴにも地ビールが。

中でも先生のお勧めは、Matilda(マチルダ)
(自前の写真がないので→こちらで

とっても美味しかったですよ~♪
アメリカの薄いビールに慣れてしまった身体にはかなり濃厚に感じました。
アメリカでもお金出せば(・・・っても、日本のビール1缶にも満たない値段です)、
しっかりしたビールが飲めるんじゃん♪

グースアイランドの一番代表的なのは312、かな。
球場にあったのもそうだったかと(写真はないですが→こちら)。
この312という数字・・・どっかで見た並びだな・・・と思ったら、シカゴ市の局番じゃないの?!

ダウンタウンにはグースアイランドのブリュワリーもあって、サンプラーで楽しめるんだそう。
絶対行ってみたい!・・・けど、まだ行けてない。。。( p_q)シクシク

その後もグースアイランドのシリーズは色々試しましたが、どれもハズレ無し♪
めでたく(?)我が家の常備ビールとなりましたとさ。
めでたしめでたし♪(?!?!)

ちなみに、いま常備してるのは季節限定のMild Winter(マイルド ウィンター)

s-PC300346.jpg


でも一番好きなのは、Indian Pale(インディアン ペール)、かな。
(そこまで聞いてないってか・・・?)

グースアイランド、シカゴ以外での知名度が低いのですが、
新鮮さを維持できる範囲でしか販売しないというポリシーがあるのだそうです。
シカゴに来た時には、ぜひ新鮮なグースアイランドをお楽しみ下さいね♪

実は・・・)
 グースアイランド(12ボトルで15ドル前後)での晩酌はちょっと特別な時、いい気分の時だけ。
 毎日の晩酌用にはバド缶(グースの約半値)です、ハイ。ノ(´д`)ヘヘヘ

s-PC300348.jpg



独り言)
 好きなテーマになるといつも以上に力入るわ・・・(*´∇`*;△ はぁー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★彡 ランキングに参加してます。ポチっとクリックしていただけたらハッピーです♪
 人気ブログランキングへ

★彡 このボタンのクリックで「来たよ」がわかります。このクリックだけでも嬉しいです♪
おきてがみ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

最新の記事
ブログ内の検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2010年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新のコメント
最新のトラックバック
カテゴリ
プロフィール

さくら菜(Sakurana)

Author:さくら菜(Sakurana)
2009年3月からシカゴ住まい。
初めての海外住まい、初めての専業主婦業、初めてづくしの毎日です。
Photo:夫さん
2008年5月からシカゴに生息。コンデジで写真撮りの日々。

ブロともの申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
シカゴの時刻と天気
Click for Chicago, Illinois Forecast Click for Chicago, Illinois Forecast
東京の時刻と天気
Click for Tokyo, Japan Forecast Click for Tokyo, Japan Forecast
FC2ブックマーク
お気に入りへの登録
メールフォーム
何でもお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。